籠球王国

NBA、Bリーグ、高校バスケなどのバスケ情報をまとめています。試合結果、チーム、選手など気になる情報をお届けします。



    (出典 publicdomainq.net)



    1 U-名無しさん :2019/10/20(日) 02:38:12.49 ID:yVFwmChe0.net

    JリーグとBリーグは、川淵三郎に寄って創設した一心同体リーグだな。


    【JリーグとBリーグ】の続きを読む

    • カテゴリ:

    八村 (はちむら るい, 1998年〈平成10年〉2月8日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。富山県出身。身長203cm、体重104.3kg、父親がベナン人、母親が日本人。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワード。2019年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)。
    21キロバイト (2,296 語) - 2019年11月13日 (水) 13:29



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 ネギうどん ★ :2019/11/14(Thu) 12:30:03 ID:/YZXhGNJ9.net

     11月14日(現地時間13日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がTDガーデンで行われたボストン・セルティックス戦に出場した。

     開幕から先発出場を続ける八村は、第1クォーター開始1分1秒にオフェンスリバウンドから得点をマーク。同2分26秒にジャンプショットを沈めたが、直後に2つ目のファウルを犯してベンチに下がった。

     第2クォーターは43-44で迎えた開始3分57秒から登場。残り5分38秒にアイザイア・トーマスのアシストからジャンプショットを決めると、スティールからのレイアップなどで得点を2ケタに乗せた。

     第3クォーターも順調に得点を重ねていくが、残り6分10秒に4つ目のファウル。再びベンチから戦況を見守る中、第4クォーター開始4分24秒からコートに立った。しかし、直後のディフェンスでエネス・カンターを止めることができず、フリースローを献上。チームはトーマスとブラッドリー・ビールを中心に反撃していくと、八村は残り4分9秒、同2分22秒にフリースローを沈めた。さらに、自陣からのドリブルで得点を挙げ、同1分34秒にはロイ・ブラウンの得点をお膳立て。しかし、最後までリードを奪えず、最終スコア133-140で3連敗を喫した。

     なお、八村は24分の出場で2試合連続20得点超えの21得点をマーク。2アシスト4リバウンド1スティールに今季最多5ファウルを記録した。

    https://basketballking.jp/news/world/nba/20191114/200433.html?cx_top=topix


    【【NBA】八村塁、2戦連続20得点超えの21得点!!あとはチームが勝てればwww】の続きを読む

    • カテゴリ:

    八村 (はちむら るい, 1998年〈平成10年〉2月8日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。富山県出身。身長203cm、体重104.3kg、父親がベナン人、母親が日本人。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワード。2019年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)。
    21キロバイト (2,296 語) - 2019年11月6日 (水) 22:26



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/07(木) 19:11:53.11 ID:yRRZL+Lr9.net

    11/7(木) 16:00配信 Forbes JAPAN
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00030600-forbes-ent

    米プロバスケットボールNBA、ワシントン・ウィザーズに加入した八村塁(21)が目覚ましい活躍を見せている。開幕から6試合を終えた時点で、1試合平均15得点、6リバウンドをマーク。今シーズンにデビューした新人の中でも屈指の数字をたたき出している。ただ、彼が鮮烈な印象を刻んでいるのはコート内のプレーだけではない。コート外ではある意味、それをしのぐほど華々しいパフォーマンスで目を引いている。

    パワーフォワードの八村はこれまでに、7つのパートナーとスポンサー契約を締結。来年2月のオールスターブレークまでには、さらに3~4のパートナーと契約を結ぶことになりそうだ。NBAのルーキーに、これほどのスポンサーが付くのは異例と言っていい。7つのパートナーの内訳を見ると、グローバルスポンサーが米ナイキの「ジョーダン・ブランド」、NEC、NBA公認のバスケットボールゲーム「NBA 2K」、カシオ計算機、日清食品、日本限定のスポンサーがソフトバンクに三井住友銀行と、著名な企業やブランドなどがずらりと並ぶ。

    八村が今シーズンにこうしたスポンサー契約から得る収入は、フォー*の推計で1000万ドル(約11億円)の大台に達するもようだ。全体の収入は、これに選手としての年俸450万ドル(約4億9000万円)が加わることになる。八村の今シーズンのスポンサー収入額は、新人では今年のドラフトで全体1位指名だったニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンに次ぐ2位、NBA選手全体でも12位以内に入るとみられる。言うまでもなく、ウィリアムソンを除くほかの新人とは文字通りケタ違いの額だ。

    この規模のスポンサー収入額は、ドラフトで全体9位指名だったルーキーのものとしても破格だが、その裏には八村が日本人NBA選手の先駆者の一人だという事情がある。八村は日本人の母親と西アフリカ・ベナン出身の父親を持ち、富山県に生まれた。日本生まれのNBA選手としては3人目だが、大きな期待を寄せられてドラフト1巡目で指名され、NBAに迎えられた日本人は彼が初めてだ。

    ドラフト後、ウィザーズが初めて開いた八村の記者会見には、日本メディアが100社以上詰めかけた。「もう慣れました。高校の時から追いかけられてきましたから」。メディアのスポットライトを浴びることについて、八村は先週、チームの練習後にそんなふうに語っている。「ハンパない感じになってきましたが、そうなるんだろうなと覚悟はしていました」

    ■日本人初の「ジョーダン・アスリート」に

    八村のスポンサーには、名だたるシューズブランドがこぞって手を挙げたという。米大手代理人事務所ワッサーマンで、ダーレン・マツバラと共同で八村の代理人を務めるジェーソン・ランが説明する。「そうした企業が顧客の裾野を広げたり、ブランドの顔にしたりできるような、世界への訴求力、影響力が彼にはあるということです」。ワッサーマンは、大リーグでプレーするため訪米した日本人野球選手の代理人業務を長く手がけてきた実績があり、これまでにクライアントとシューズブランドの間で計10億ドルを超える契約を取りまとめている。

    結局、八村がスポンサーの相手に選んだのは、先に触れた通りナイキのジョーダン・ブランドだった。今年6月に複数年の契約を結んだ後、彼は子どもの頃からジョーダン・ブランドのハイトップを履いていたと明かしつつ、日本人初の「ジョーダン・アスリート」になれて興奮しているとコメントしている。一方のナイキ側は、ワシントン州にあるゴンザーガ大学のスター選手でもあった八村を通じて、日本と米国の両方でブランドを売り込んでいく考えだ。八村がコートで期待に応えるような活躍をしていけば、いずれ彼の名前を冠したシューズが登場してもおかしくないだろう。

    ランは、ナイキとの契約を含め、八村のスポンサー契約の金銭的条件についてはコメントを控えた。

    日本では、「スニーカーヘッド」と呼ばれる熱烈なスニーカー愛好家のカルチャーが発達していると話すのは、国際的なスポーツビジネスに長年携わった経験を持つ米シラキュース大学のリック・バートン教授(スポーツマネジメント研究)。「ルイは日本人で初めてジョーダン・ブランドに選ばれた選手なので、(日本の)バスケットボールシューズマニアの間で絶大な人気を集めるだろう」(同教授)


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    【【NBA】ウィザーズ ・八村塁、「コート外」でも新人離れの活躍 スポンサー収入11億円】の続きを読む

    このページのトップヘ